2007年06月11日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで(その5)

自分の投資ルール(その2)でも言いましたが、

私はPER,ROE,などメジャー指標をあてにはしていません。

あてにはできない。ということがだんだんと分かってくるんです。

「あ!これでは稼げないやー」って・・

投資経験者はみんなそうなんですね。

でも、これって仕方がないんです。


他に有効な手段というものがあればいいんですが、

ないかたはこれで、簡単に楽して、誰でもできるような

スクリーニングしかやらないんですね。


まずはなぜあてにならないかという簡単な説明から

入ります。


例)1年目 EPS=10円 株価500円=PER50倍
  2年目 EPS=20円 株価500円=PER25倍

成長が非常に速く、設備投資もほとんどかからなく、

損益分岐点までは赤字だがそこを抜けると

順々に利益が上がるのではなく、

一気に利益がでるIT関連企業の場合、PERのみでの判断である

と急成長の果実を逃がしてしまうことにもなりかねません。



この指標は以下のようなケースの場合、注意が必要です。

1年目 ROE=−1億円÷10億円×100=0%
2年目 ROE= 1億円÷10億円×100=10%

その企業がこれまた、新興企業で1年目は赤字であったが、

その後、企業変革を行い翌年から急成長

して数字が出てきたというケースですが、どうですか、

1年目にROEのみ、又は前述のPERをあわせても、この銘柄を買いという

判断には繋がらなかったことでしょう。

では、何を基準にして銘柄を判断しているのか。


それは


・・




・・



・・


「決算書」を見るということです。

「なんだそりゃ。もったいぶってそれかよ」

と怒られそうですね。

素人の方からしてみれば、

「俺はお金の項目を覚えるのが面倒だから」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、お金の項目を勉強して、難しい用語を

覚えれば株式投資で勝つと思ったら大間違いです。


株式投資でお金を稼ぐこととは別物です。

それで株式投資でお金を稼げるのであれば公認会計士

はみんなお金持ちなはずですよね。

なぜなら彼らは会社の資金繰りや企業の体質を

調べるのが仕事だからです。

そのプロ中のプロがみんな株式投資で稼げているのかというと

そんなわけではありません。


つまり株式投資で勝つ為には決算書の


「どの部分を見ればいいのか」

ということが

株式投資でポイントとなるわけです。

もっと言えば、勝つ為に見るべきところはだいたい

決まっているということです。

しかし、これから株式投資をはじめる方や

株初心者の方が、これらをどうやって、また

どこをみればいいのかなんてわからないと思います。



そのあたりについてもう少し詳しく知りたい方の為に

現在無料レポートを書いておりますんで。

もう少しお待ち下さいね。


株式投資の自分の投資法(その1)はこちらを!
↓↓↓↓
株式投資は自分の投資ルールで(その1)

株式投資は自分の投資ルールで(その2)

株式投資は自分の投資ルールで(その3)
http://kabudehigh-high.seesaa.net/article/44401940.html

株式投資は自分の投資ルールで(その4)
http://kabudehigh-high.seesaa.net/article/44401368.html




posted by ハイグレードクラス at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
相互リンク
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。