2007年07月07日

株初心者の株式投資 休むも相場

株価は当然ながら、

あなたが相場に参加しているいないにかかわらず

上下しています。




毎日、その上下している相場を眺めていると

どうしてもすぐ買わないと


又は、



売らないと損をしてしまうと

思ってしまうのではないでしょうか?







ディトレーダーは毎日、売り買いをして

わずかな利を回数で大きくして利益を

回収していますがサラリーマンには無理な投資法です。

時間がありません。





ディトレーダーは人生をある意味、

相場にかけているのですから、可能な取引法

なのは言うまでもありませんね。





しかし、彼らは万一、相場に負けてしまうと、

社会復帰も場合によっては相当厳しいものす。





キャリア的にも、


精神的にも

(相場で動かすお金に比較して
ほとんどの方のデイとレーダー後の
社会復帰時の”初任給”はさほどでないため、
それが馬鹿馬鹿しい金額に感じてしまうでしょう)




それだけのものを含めて

デイトレーダーは勝負しているわけです。




さて、サラリーマンが

デイトレーダーでもないのに、

やみくもに指数を頼りに短期売買を頻繁にしたのでは、

恐らく一時は儲かるかもしれませんが



相場が急激に急落した際などは

何度も損失を受け、



結局、




それまでの儲けを

台無しにしてしまうのが関の山でしょう。





LDショックの際が、

際立っていましたよね。





それまで短期で

イケイケドンドンであった 投資家が、


瞬時にして相場から消えていったり、

そこまでいかなくてもかなりの


損失を受けてしまったりと・・・・・・・






そこで、私は、『休むも相場』という格言を

参考にしていただきたいと思います。




桶狭間投資法に従って、

自身が選別した原石銘柄をじっとウォッチして、




その株価が狙った価格まで下げた時

『さらに下がるのでは・・・』という恐怖心を抑えて、




機械的に桶狭間投資法に従って投資をする。






ただこれだけを実行するに、

しかし必要な能力は、




『機会をじっと待つ忍耐力』と

自身の『恐怖心を押さえ込む意志力』

になります。





そして、


上記を『たんたんとぶれずに』実行することで

あなたは一気に相当額の資産を

つくってしまうことでしょう。





『休むも相場』

まずはこれができるかでしょう。



こういったことについて

初心者でも簡単に理解しやすいよう

まとめてある無料レポートが下記。

参考になるのではないでしょうか。


↓↓↓

「相場のこころ」心に響く相場の見方&考え方
posted by ハイグレードクラス at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株初心者が3000万円 投資法入門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
相互リンク
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。