2007年08月17日

割安株を拾う絶好の機会

できれば応援ポチっとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


さて、本日、お盆明けの相場に

本格復帰したと思ったら、


株の大暴落^^;





為替も、なんなんだこれ〜という位の円高・・・・・




当然、手持ち銘柄も

順調に下げてくれました。





そんな中、まじ、為替にはビビリましたが、

なにか突き動かされる衝動で、




ドル建て債権ファンドをド〜ンと

買い込みました、

といっても新規買いではなく、


買い増しですが。





今回は113円台で約定されており、


平均で110円台前半に取得価格が

なりこのファンドは恒久的保有です。


(サブプライムは
組み込まれていない”保守的”ドル建て
債権ファンドですので)




反面、株式はド〜ンとは買えませんでした・・・

少しだけ同銘柄を買い増しはしましたが。





(まさか入らないと思われた買い指値で買えました)

さて、今回のサブプライムローン問題ですが、




バブル崩壊後の日本版でいう”ゆとりローン”

に何か似ているような気がします。





最初の数年は低利でその後、

大幅に上がるわけで・・・

右肩上がりの土地資産が担保で・・・





しかし、決定的に違うのは、

当局の姿勢ではないでしょうか。



日本のバブル崩壊後の金融機関は

不良債権をごまかし続け、





金融当局も迅速な行動をとらず、

マーケットをおかしくしてしまったが、







今回は、ある程度、把握できる部分は

キチンと損失額を金融機関は公表し、




なおかつ、当局も利下げを

示唆しながらマーケットの動揺を

抑えようとしている。






個人的には、日本の企業業績は

しっかりしており、



なおかつ、


米欧日の金融当局はしっかりマーケット

をサポートする以上、



そろそろ日本の株は

良い買い場ではないかと思うのですが。




急落の最安値で買えなくても、

安値圏内で買えれば良いのです。




最後に、ピーターリンチの言葉を



「株価の下落は、1月のコロラドに

吹雪が吹き荒れるのと同じくらい頻繁に

起こることである。

株価の下落は、慌てふためいて

逃げ出した投資家の残していった

割安株を拾う絶好の機会である。」




もっともっとすごい方法が下記につづられています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ハイグレードクラス at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株初心者が3000万円 投資法入門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
相互リンク
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。