2007年06月11日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで(その5)

自分の投資ルール(その2)でも言いましたが、

私はPER,ROE,などメジャー指標をあてにはしていません。

あてにはできない。ということがだんだんと分かってくるんです。

「あ!これでは稼げないやー」って・・

投資経験者はみんなそうなんですね。

でも、これって仕方がないんです。


他に有効な手段というものがあればいいんですが、

ないかたはこれで、簡単に楽して、誰でもできるような

スクリーニングしかやらないんですね。


まずはなぜあてにならないかという簡単な説明から

入ります。


例)1年目 EPS=10円 株価500円=PER50倍
  2年目 EPS=20円 株価500円=PER25倍

成長が非常に速く、設備投資もほとんどかからなく、

損益分岐点までは赤字だがそこを抜けると

順々に利益が上がるのではなく、

一気に利益がでるIT関連企業の場合、PERのみでの判断である

と急成長の果実を逃がしてしまうことにもなりかねません。



この指標は以下のようなケースの場合、注意が必要です。

1年目 ROE=−1億円÷10億円×100=0%
2年目 ROE= 1億円÷10億円×100=10%

その企業がこれまた、新興企業で1年目は赤字であったが、

その後、企業変革を行い翌年から急成長

して数字が出てきたというケースですが、どうですか、

1年目にROEのみ、又は前述のPERをあわせても、この銘柄を買いという

判断には繋がらなかったことでしょう。

では、何を基準にして銘柄を判断しているのか。


それは


・・




・・



・・


「決算書」を見るということです。

「なんだそりゃ。もったいぶってそれかよ」

と怒られそうですね。

素人の方からしてみれば、

「俺はお金の項目を覚えるのが面倒だから」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、お金の項目を勉強して、難しい用語を

覚えれば株式投資で勝つと思ったら大間違いです。


株式投資でお金を稼ぐこととは別物です。

それで株式投資でお金を稼げるのであれば公認会計士

はみんなお金持ちなはずですよね。

なぜなら彼らは会社の資金繰りや企業の体質を

調べるのが仕事だからです。

そのプロ中のプロがみんな株式投資で稼げているのかというと

そんなわけではありません。


つまり株式投資で勝つ為には決算書の


「どの部分を見ればいいのか」

ということが

株式投資でポイントとなるわけです。

もっと言えば、勝つ為に見るべきところはだいたい

決まっているということです。

しかし、これから株式投資をはじめる方や

株初心者の方が、これらをどうやって、また

どこをみればいいのかなんてわからないと思います。



そのあたりについてもう少し詳しく知りたい方の為に

現在無料レポートを書いておりますんで。

もう少しお待ち下さいね。


株式投資の自分の投資法(その1)はこちらを!
↓↓↓↓
株式投資は自分の投資ルールで(その1)

株式投資は自分の投資ルールで(その2)

株式投資は自分の投資ルールで(その3)
http://kabudehigh-high.seesaa.net/article/44401940.html

株式投資は自分の投資ルールで(その4)
http://kabudehigh-high.seesaa.net/article/44401368.html




posted by ハイグレードクラス at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
2007年06月09日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで(その4)

自分の思い描いた予想の値動きをしない。

つまり予想外の株価の値動きをすることは多々ある。

その予想外に悪い動きをしているという銘柄は

例外なく売りと決めてしまいます。

そうやって決めたルールでも

更に悩みや不安が起こる値動きが起きた場合、これも

計画外のことなので売りになります。

自分のルール外で不安なまま投資をしていては

それは確実に儲けることができません。

買いの場合も同じようなことが言えます。

何の分析もせず、何となく、周りが言っているから、など

「あいまい」な場合の仕込みは、それはすでに失敗していると

考えても言いすぎではありません。株式投資に100%は

存在しませんが、あいまいに選別していても勝てません。

■不安に思っているまま⇒売り

■不安に思っているまま⇒買い

いずれも、迷いのあるままの投資は必ずうまくいきません。

株式投資とは極論すれば心理戦です。

迷いのあるままの投資は対処も遅れてしまいます。

少しでも不安があれば売り、もしくは手を出さない。

自分のルールを明確にして、自分がどの相場に

強いかなど、弱いか、それを徹底的に分析と検証し、

毎回考えること。

自分のトレードプラン内の株しか買わないし、参加しないと

堅い意思を持ちましょう。

勝てるときのみ参加する。あとは資産を着実に増やしていく。

これ心がけましょう。

株式投資は自分の投資ルールで(その1)

株式投資は自分の投資ルールで(その2)

株式投資は自分の投資ルールで(その3)


posted by ハイグレードクラス at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
2007年06月08日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで(その3)

株式投資の自分の投資法(その1)はこちらを!
↓↓↓↓
株式投資は自分の投資ルールで(その1)

株式投資は自分の投資ルールで(その2)


本来なら、

デイトレ、短期、中期、長期と保有する期間を決めて

銘柄を選択し、買って、運用する。

初めはのうちは、どれがいいのかなんて考えなくてもいいし

はじめからスマートに知識ばっかり溜め込む必要もない。

まずは不器用でもいいので教科書どおり実戦して、

応用して、反省して、検証となるのですが。

そのうち、自分が短期で勝負したいのか、

長期で持ち続けるのか?などを決めた上で運用していく。

保有する期間の理由をはっきりさせた上で、

銘柄に悩みが生じた場合には売ると判断すること。

不安と闘って投資する前に決めておきましょう。
posted by ハイグレードクラス at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
2007年06月07日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで(その2)

前回の株式投資の自分の投資法(その1)はこちらを!
↓↓↓↓
株式投資は自分の投資ルールで(その1)

多くの投資家は株を出来れば最安値で仕込んで、

最高値で売却し利益を極大化したいと願っていることに

疑問の余地はないでしょう。

その為に、現在の株価は割安か割高かを誰もが知りたくなり、

世に多く、株価の割高、割安を判断する基準を生み出しました。

例えば、PER・PBR・ROE・チャート・ローソク足etc

一般的な投資ノウハウでは、

●低位株を買えば安心だ

●低PER株を買えば安全確実!

と言われています。


しかし本当にそうなのでしょうか??

まずは、簡単にPERの説明から。

PER(株価収益率)とは、

会社を分析する投資家にとっては、最重要の

指標の一つと言われています。


株価というのが【割安か】【割高か】を判断する指標の一つです。


■PERがA社は15倍、B社は20倍だと、

A社の方が【割安】と考えます



■PERがA社は40倍、B社は2倍だと

B社の方が【割安】と考えます


ここでポイントはA社、B社、ともに同じ業界の職種なのか?

ということです。

”同じ業種で比較する”というのがポイントです。


つまり、トヨタなら、日産、ホンダ、などと比較しなければ

いけません。


これをトヨタと不動産会社、トヨタと食品メーカー


と比較してもなんら割安かどうかわかりません。


””同じ業種で比較する!””


という意味がわかりましたか?



 ROE(Return On Equity)株主資本利益率


収益率を表す指標で、

ROEが高いほどその企業は株主から預かった資本を効率

よく使い収益を上げたことになります。

ある会社が

お客様A様からお金を投資してもらったとします。

Aさんは投資した会社にこう問います。

「あんたの会社はお金をうまく、

効率よく、回転させていますか??」と。

会社側は「当然です。」と言うに決まってますよね。

A様から大事なお金を投資してもらっているんですから。

しかし本当のところどうなのか?

この会社がA様に「いや、うまく回転していないんですよ」

と言える勇気があれば問題ないんですが・・

そこで、

「しっかりとお金をうまく、効率よく、回転させているのか?」


というのを言葉ではなく、数字で表したものが、ROEという

指標なわけです。

これだと、言葉ではなく実際の数字でA様も判断できるという

ことです。


こんな感じですが理解できましたか???



これらは簡単便利な指標で、素人の方でもできます。


しかし、逆を言えば、”誰でもできる”ということですね。

これらは、サッカーで言えば、

ジダンやロナウジーニョと同じくらい。

スーパー有名なわけです。

初めの方はこれを使って色々勉強するのですが、


だんだん分かってきます。


まったく使えないということが・・・



まったく使えないというのはどういうことか・・


それは”稼げない”という事実です。



私は上記指標でいくら【割安】と判断しても


その通りにはしません。


え???なんで??と思うでしょう。


なんで使わないの??と思うでしょう。


その秘密は次回で・・

posted by ハイグレードクラス at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
2007年06月06日

株初心者の株式投資 株式投資は自分の投資ルールで

株式投資にはリスクはつきもの

また株価は予想を反して自分とは逆の動きをするもの。

自分と思い描いていたものと逆の方向に行った時

自分がどうような行動をとる必要があるのか

そこをあらかじめ決めておきましょう。

しかし、あらかじめ決めていたとしても、中々人間

ルール通りにはできないもの。

ひょっとしたら上がるのでは・・・

ひょっとしたら下がるのでは・・・

自分で決めたことはちゃんと守りましょう。

具体的に言えば、株を買った後は、株の売り時を考えましょう。

ということです。

出口戦略を決めれば、勝負は半分決まったようなもの。

■株価が下がる⇒見切りをつける。
○円下がったら売る。ならどこで売る?

■株価が上がる⇒欲張らない。
どこまで持ち続けるのか?○円上がったらどこで売る?

こういったルールをきちんと決めておくこと。
posted by ハイグレードクラス at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が初心者の投資法入門
相互リンク
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。